黄色い目の魚 (新潮文庫)

  • 2008.02.04 Monday
  • 21:57
娘を送って、終わるのを喫茶店で待つ間に読んだもの。
その娘から「こっちは面白いよ」と言われて渡された本。
(一昨日渡された本が「ぜんぜん面白くない!」と言ったもので)
もともと本を読むのが好きな娘だけど、本の交換ができるほどに大きくなったのかと感慨にふける。

これは約3時間で一気に読みきった。最初はどうなるかと思ったけど、次第に本の世界に引き込まれていく。

「一瞬の風になれ」もそうだけど、この作者は、何かにまっすぐ向かっている少年少女を書くのがうまいなぁ。
こんなに何かに向かい合うことができるというのがとてもうらやましい。
娘も思春期と言われる年頃にさしかかる。
勉強ももちろんだけど、これが好き、と打ち込める何かが見つけられますように。

スポンサーサイト

  • 2017.08.21 Monday
  • 21:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんばんは。
    トラックバックさせていただきました。
    トラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    • 藍色
    • 2009/08/18 5:01 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    海辺の高校で、同級生として二人は出会う。叔父だけに心を許している村田みのり。 絵を描くのが好きな木島悟は、授業でデッサンして以来、み...
    • 粋な提案
    • 2009/08/18 4:50 AM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Twitter

    ブクログ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM